こんにちは!!茜空球二です!!

今日も卓球が強くなるための世界卓球動画をアップしていきますね♪

2011年世界卓球選手権ロッテルダム大会 
準々決勝 ボルvs陳杞



卓球好きなメンバーで集まると、かなりの確率で世界卓球の話になるのは必然のことだろうと思いますが、特に

誰のドライブが一番速いのか

というテーマに沿って議論になることがよくあります。

大抵名前が挙がる選手としては

馬龍、王励勤、ユスンミンetc

となるんですが、私個人的には、

蒋澎龍または陳杞

の両選手を全力で推したいと思います。

蒋澎龍選手のプレーについては後々の記事で詳細に語ることになろうかと思いますが、陳杞選手については、フォアドライブの破壊力だけで言うと歴代世界ナンバーワンではないかと思っています。

それでは、破壊力とは何かというと

①ボールの回転
②ボールのスピード
③打球点の速さ
④ドライブのコース
⑤フォームのかっこよさ


以上5つの条件を全て満たすドライブが放たれた時、人は

「あ、破壊力のあるドライブだ」

とつぶやくのだと思います。

で、陳杞選手のドライブの場合、特にこの動画の7:36のラリーを見ていただきたいのですが、5球目攻撃のドライブのコース、スピードともに少し異次元感が強いことがわかると思います。

そしてなにより、ドライブのフォームがかっこいい

ということが、破壊力あるドライブの地位を確固たるものにしている要因でもあると思います。

引退してもなお、陳杞選手の根強いファンは世界中にいることも、人々の「破壊力への憧れ」がなせる業なのだと思います。

破壊力あるドライブを放つためには、フットワークの強化が大切であるということがこの動画からもわかると思います。

自分が最も力の入るフォームでドライブを放つためには、目まぐるしく戦況が変わる卓球のラリー中において、フットワークを駆使してベストな体勢に自らをもっていく必要があります。

この試合では、ボル選手の打球点が早く、回転量の多い両ハンドドライブとカウンター攻撃に苦しみ、ミスが多くなって破れていますが、そのプレーは未だに人々の脳裏に刻まれ続けることでしょう。

ボル選手の試合動画はコチラ!!
【世界卓球動画】快挙!!2017年卓球ワールドカップ ボルvs馬龍
【世界卓球動画】カウンター対カウンター!2011年世界卓球選手権 ボルvs張継科